ブルーベリーが目に良いと言われる理由

ブルーベリーは、以前からマスコミや雑誌などで目に良い食べ物だと言われてきました。
最近では、ブルーベリーもジャムだけでなく生のフルーツとしても食卓に上りやすい存在なっています。
ブルーベリー農家も増え、お菓子に使ったりすることも多く見かけるようになりました。
では、ブルーベリーが実際にどんな理由で目に良いのか、改めて確認することにしましょう。

 

ブルーベリーには、アントシアニンという青い色素が豊富に含まれていますが、これも目に良い理由です。
このアントシアニンが、目の細胞を活性化させるのです。
そのため、ブルーベリーを食べることで疲れ目を軽減できたり、視力を高めたりする効果が期待できるというわけですね。
もちろん、ブルーベリーを食べ始めてすぐに効果があるとは限りませんが、食べ続けるうちに実感できるはずです。

 

さて、アントシアニンはブルーベリー以外の食べ物にも含まれているのですが、量と質で比較するとブルーベリーが断然多いため、目に良い果物の代表とされています。
ちなみに、ブルーベリーの中でも、色の濃い品種がより目に良いとされるので覚えておきましょう。
でも、ブルーベリーを食べることが目に良いとわかっていても、さすがに毎日食べるのは大変です。
そこで、サプリメントの形で普及するようになったというわけです。

 

さて、目に良い成分は何もアントシアニンだけではありません。
ほかにもおすすめの成分はあり、目の疲れを軽減したり、首や肩の凝りを取り去ってくれる効果が高くなるものもあります。
つまり、ブルーベリーを食べたりブルーベリーのサプリメントだけを飲んでいるだけでは、不十分だということになるでしょう。

 

たとえば、ファンケルで今注目の機能性表示食品であるえんきんには、ルテイン・アスタキサンチン・シアニジン-3-グルコシド・DHAがたっぷり入っています。
臨床試験の結果で、疲れ目の軽減や手元のピント合わせ、首・肩の凝り解消などに大きな効果を出していることからも、大変優れたサプリメントであることをおわかりいただけるでしょう。
ちなみにえんきんには、ブルーベリー(ビルベリー)エキスが入っています。

 

もちろん、ブルーベリーが目に良いことに変わりはありません。
ブルーベリーには有用な成分が含まれていますからね。
できれば、えんきんを同時に摂取すると理想的だ、ということです。
たとえば、ブルーベリーはフルーツとして食卓に取り入れ、えんきんを毎日のサプリメントとして補給すれば完璧でしょう。
健やかな視力生活のためにも、できることは今すぐに始めてください。必ず満足できる結果になりますよ。