近視と遠視の違い

近視と遠視の違いについて、きちんと説明できる人はどのくらいいるでしょうか。
もしかしたら、間違って覚えている人も多いかもしれませんね。
今回は、近視と遠視の違いについて説明することにしましょう。

 

近視は、遠くのものがぼやけて見える状態で、反対に近くのものはちゃんと見えます。
なぜ遠くのものがぼやけて見えるのかというと、目の奥にある網膜にきちんと焦点が合っていないからです。

 

私たちは、目で物を捉えるときに水晶体というレンズを使って焦点を絞って網膜に写します。
このとき、網膜より手前に焦点が結んでしまうと、物がぼやけて見えることになります。この状態が近視ですね。
近視は、メガネやコンタクトのマイナスレンズを用いて矯正することで正しくものを捉えることができるようになります。

 

近視になる理由は、近くの物を見過ぎることで、水晶体周辺の筋肉に柔軟性がなくなってしまうことが大きいです。
近くにピントが合った状態になってしまう、と考えていただければいいでしょう。
たとえば、パソコン作業をずっとやっている人が、ある日気が付くと、遠くの柱に掛けてある時計の針を読むことができなかった、という感じですね。
中には、眼球の奥行きがあるために焦点を結びにくいという人もいます。

 

さて、遠視はどうなのでしょうか。
遠視も、実は網膜にピントが合っていない状態であることに変わりはありません。
違う点は、遠視は理論上、網膜の後ろ側で焦点が合っているということですね。
「遠視でも遠くがハッキリ見えるけど?」と言う人もいるかもしれませんが、遠視の人は無意識に目の力を使って焦点を合わせています。
そのため、疲れやすい人が多いです。

 

遠視になる理由は、近視と違って複雑です。
生まれつきのものや、もともと眼球の厚みが標準より薄いということもあります。
矯正には、プラスのレンズを使います。
きちんと矯正すれば、物が楽に見えるようになるので疲れにくくなりますよ。

 

さて、近視であっても遠視であっても、加齢によって手元が見づらくなることは同様に起きるものです。
そんなときには、ファンケルの機能性表示食品である、えんきんを試してみてください。
ファンケルのえんきんには、手元のピント調節機能を助ける成分が豊富に入っています。
1日2粒飲むだけで、随分と近くを見るときに楽になることを感じるでしょう。
近視でも遠視でも、遠くの近くも疲れることなくクリアな視界を確保したいですね。
40代以降の人には、特にえんきんをおすすめしますよ。