メガネとコンタクト、目に負担が少ないのは?

メガネとコンタクト、どちらも視力矯正には欠かすことができないアイテムです。
中には、メガネとコンタクトの両方を使用している人もいるでしょう。
では、メガネとコンタクトのどちらが目に負担が少ないのでしょうか。

 

まず、大前提としていずれの場合でも視力に合っていることが条件となります。
メガネであってもコンタクトであっても、視力に合わないものを使っていると目に負担が掛かって非常に疲れてしまいますからね。
きちんと測定をして度を合わせてあるものを使ってください。
その上で、メガネとコンタクトのどちらが目に負担が少ないか、を考えましょう。

 

結論から言えば、メガネの方が負担が少ないと言えます。
なぜなら、コンタクトは直接装着しているため、どうしても負担が掛かりやすいからです。
もちろん、眼球にそのまま乗っているわけではありません。
コンタクトは、眼球の上にある涙の膜の上に浮いているので直接触れてはいません。

 

しかし、私たちは何度もまばたきをします。
まばたきをすることで、眼球に涙を行き渡らして乾燥を防いでいます。
このとき、コンタクトをしていると動きます。
あまりにも乾燥した状態では、涙が不足してコンタクトが眼球を傷付けることがあるので、注意しましょう。

 

メガネとコンタクトのどちらを選ぶべきかとなれば、できればメガネの方が目に負担が少ないのでおすすめではあります。
特に花粉症の季節は、コンタクトの人でもメガネを使わざるを得ないでしょう。
でも、メガネは嫌だとか、メガネを掛けると鼻と耳が痛くなってしまうなど、どうしてもコンタクトを使いたい人も多いようです。

 

それに、コンタクトは、スポーツなどのときにも便利ですし、何より見た目を損ないませんからね。
ならば、専用の目薬などを利用してドライアイを防いでください。
目が潤った健康な状態であれば、コンタクトを使用しても負担が少なくてすみます。
もっとも目に悪いのは、ドライアイなどで涙が不足してしまうことだと覚えておいてください。

 

目をいたわるのであれば、ファンケルの人気サプリメントであるえんきんを飲むのも良いでしょう。
えんきんには、目のために良い成分がたっぷりと配合されているからです。
毎日コンタクトを使って疲れてしまった目のケアには、持って来いというわけですね。
また、えんきんは、メガネを使用している人にももちろんおすすめです。
メガネを使用しているということは、元々の視力が悪いのですから目に良いケアをするべきでしょう。