えんきんで改善できるピント調節力とは

人体には様々な器官、内蔵がありますがその中でも特に多くの人が疲労を感じ、そして改善したいと考えているのが「目」ではないでしょうか。
今や老若男女問わずパソコンやスマートフォン、タブレット等で朝から晩まで目を酷使しています。
視力は一度弱ってしまうとなかなか回復させるのが難しい器官です。

 

日常的な疲労やダメージによって目が弱っているのであれば、同じように日常的な習慣によって目を守るのが賢い方法です。
そのために最も効果的なのが「サプリメント」です。
安全で高品質な国内メーカーの提供する「目のためのサプリメント」、それが今回紹介したい「えんきん」なのです。

 

えんきんは目のピント調節力を大幅に改善する力を持っています。
目のピント調節力とは、手元の文字を読もうとした場合にすぐにその文字をハッキリと認識するための能力で、目が疲れていたり弱まっていると文字をすぐに読むことが出来なくなってしまいます。
ピント調節力というのは、満足に物を見るためには不可欠なもので、年齢を重ねると衰えるようです。

 

45歳〜64歳の日常的に目の疲れを感じている男女48名によって行われた実験では、えんきんを4週間服用したグループは、偽薬を服用したグループに比べて大幅な改善が確認されました。
また、同時にえんきんを服用すると肩や首筋の疲労が回復したことも明らかとなりましたが、これも目の疲れからくる関連痛が軽減されたためと考えられます。

 

えんきんには有効成分としてルテインやアスタキサンチン、シアニジン-3-グルコシド、DHAが含まれています。
このうちアスタキサンチンはビタミンEよりもかなり優れている抗酸化作用があることが分かっており、しかも脳の血液脳関門を通過できるため、眼や脳の機能改善やアンチエイジングに効果が期待されています。

 

また、DHAにも抗酸化作用がありますし、ルテインには白内障を予防する効果や視覚のコントラスト効果を改善する力があります。
その他、シアニジン-3-グルコシドは、黒大豆の表皮に多く含有されているアントシアニンの仲間で、近視や老眼の原因となる目の毛様体筋の劣化を防いだり水晶体に柔軟性を与える効果があります。
現在のところ、このシアニジン-3-グルコシドが持つ力は他の成分では代替えが効かないとされており、それだけに目を回復させるためのサプリメンとしては必須の成分だと言えます。

 

このように、えんきんには目のピント調節力を元気にする成分がこれでもかと言うくらいたっぷり含まれています。
目の疲れを感じている人や、末永く視力をキープしたい人は是非、今のうちからこのえんきんで目を大切に守ってあげるようにしましょう。