老眼の仕組み

誰にでも、老眼はやってきます。
たまに、「私は近視だから老眼にはならない」と言う人がいますが間違いです。
近視の人は、元々近くのピントが合う距離が短いだけで、年齢と共にだんだんと焦点距離が遠ざかって行くのは普通の人と同じです。
では、今回はどうして老眼になるのか、その仕組みについて詳しく解説しましょう。

 

私たちは、毎日目を酷使しています。
目の細胞も、毎日生まれ変わってどんどん新しくなっていきます。
しかし、徐々に老化して生まれ変わりのサイクルが遅くなります。
また、物を見るときに使っているピント調節機能もやはり衰えます。
私たちは、水晶体というレンズを周辺の筋肉で引っ張ったり膨らませたりしてピントを調節していますが、この筋肉が柔軟性を失ってしまいます。

 

老眼は、実はすでに20代後半から始まっています。
多くの人が気付くのが、40代ごろというだけなのでまだ若いと安心している人も、決して他人事ではないのだと認識してくださいね。
そして、老眼は誰にでも起こります。
私たちが生まれて年を取らない人がいないように、老眼にならない人もいないのです。

 

しかし、老眼も症状の出方に差があるものです。
早くから老眼が進んで、老眼鏡が無いと不便な生活を強いられる人もいます。
反対に、高齢になっても老眼鏡知らずで新聞の細かい文字を読んでしまう人もいますね。
この差は何かというと、日ごろの心掛けしだいと言えるでしょう。

 

老眼が進みにくい人は、総じて目に良い生活を送っています。
十分な睡眠を取って、栄養バランスの良い食事を心掛けるなどですね。
また、目を酷使し過ぎない生活を送っています。
生活のすべてが、目の健康を考慮しているのです。
だからこそ、高齢になっても変わらずクリアな視界を維持していたり、手元にピントが合わせやすかったりします。

 

もしも、老眼に悩んでいたり、心配だったりする人は、生活スタイルを改めると同時に、ファンケルのえんきんを飲んでみてはいかがでしょうか。
ファンケルの人気サプリメントであるえんきんは、品質の高さを誇ります。
4週間の継続で、多くの人が手元のピント調節が上手くいくようになったとか、首や肩筋の疲れが軽減したなどと臨床試験で実感しています。

 

同年代の人たちが実際に使って効果があるものなら、使ってみる価値はあると言えるでしょう。
老眼は、日常生活の質を大幅に落としてしまいます。
目の健康は、何よりも守らなければいけません。
ファンケルのえんきんは1日2粒で、老眼の進行を遅くすることが期待できますから、試してみてくださいね。