えんきんに含まれる成分と効果

サプリメントや健康食品で有名なファンケルは、日本で初めてとなる目の機能性表示食品「えんきん」を販売しています。
テレビではCMも放映されているため、聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。
臨床試験を実施して効果を実証しているのが特徴の商品です。
ピントがぼやけたり、目が疲れやすいなど、目のことでお悩みの方は、えんきんを試してみると良いでしょう。

 

えんきんには様々な成分が配合されています。
ほとんどの成分は目に関するものですが、どのような成分が含まれているのでしょうか。

 

特に注目するべき成分がルテインです。
ルテインはほうれん草などの野菜に含まれるポピュラーな成分です。
食品からの摂取が難しい成分の一つであり、加齢黄斑変性のリスクを下げると言われています。

 

魚にたくさん含有されているDHAも含有されています。
ご存じの方も多いのではないでしょうか。
不和脂肪酸の一種であり、コレステロールをコントロールする作用があります。
また、動脈硬化リスクを下げる、神経の伝達に働きかけるなど、他にも様々な効果を持つのが特徴です。
普段はあまり魚を食べない方にとっては、非常に魅力的な成分と言って良いでしょう。

 

えんきんは目に関する食品のため、アントシアニンも含まれています。
アントシアニンはブルーベリーなどに含まれる栄養素で、抗酸化物質の一種として知られています。
眼精疲労を予防すると言われているため、普段から目を酷使している方には最適な成分です。
原材料は北欧産のブルーベリーを使用していますので、品質面も安心だと思います。

 

アスタキサンチンは鮭やイクラに多く含まれている成分です。
アスタキサンチンは天然色素の一種で、イクラなどが赤い理由がこの成分にあります。
えんきんはアスタキサンチンを4mg含有しており、抗酸化作用がある成分として様々なサプリメントに配合されています。
また、目に関する作用としては、光の障害から目を守ると言われています。

 

このように、えんきんには複数の成分が配合されており、かつ目に対して様々な効果や作用が期待できます。
ただ、栄養は体内に吸収されないと意味がありませんが、植物由来のソフトカプセルを使い、吸収効率を高めているため安心でしょう。
1日あたり数十円で済みますので、目のことで悩んでいる方はえんきんを飲んでみてはいかがでしょうか。
お試しセットが容易されているので、気軽に始められるのが魅力ですね。