急な視力低下は要注意

最近視力が低下した、ものが見えづらくなった、と感じている方も多いのではないでしょうか。
視力が低下すると、日常生活に影響が出てしまう場合も珍しくはないため、視力を回復させることも考えなくてはいけません。
通常は少しずつ低下するのが一般的ですが、もし急激に視力が低下した場合は注意が必要です。

 

急に視力が下がる原因は様々あります。
特に多いと言われているのがパソコンやスマートフォンなどです。
パソコンのディスプレイや、スマートフォンの小さな画面を見ていると、眼精疲労を感じる方も多いと思います。
これらの端末を見つめているとき、目は瞬きする回数が少なくなってしまい、眼精疲労・ドライアイを引き起こします。
これらが原因と、さらにはブルーライトの影響も出て、視力が低下する場合があるのです。
パソコンなどで普段から目を酷使している方は少なくありませんので、視界がぼやける症状などには注意しましょう。

 

ストレスが原因で視力が低下する場合もあります。
目に見えないのが欠点のストレスですが、目が影響を受けると急に視力が低下することがあります。
ただし、ストレスを発散すると視力も徐々に回復することも多く、一時的な低下の場合もあるでしょう。
普段からストレスを感じている方は、特に注意したほうが良い原因と言えます。

 

パソコンやストレスで急に視力が下がることは珍しくありません。
しかし、これらが原因であれば対処も難しくはないと思います。
目を酷使しやすい方や、少しでも視力低下を予防したい方は、えんきんを飲んでみるのもおすすめです。(えんきんに視力低下防止効果があるかは不明ですが)
えんきんは目に関するファンケルの機能性表示食品で、複数の効果が臨床試験で実証されています。
価格も決して高くはありませんし、お試しセットもありますので、一度えんきんを試してみてはいかがでしょうか。

 

ただし、急激な視力の低下は、何らかの目の病気も疑われます。
特に考えられる病気は、黄斑変性症や急性緑内障です。
これらは加齢によって引き起こされる目の病気ですが、若い方も何らかの原因で発症する場合もあります。
病気が原因の場合は、最悪失明してしまうおそれもありますので、早めに眼科に行くべきでしょうね。
少しでもおかしいと感じたり、普段とは違う症状が出たら眼科へ行くのが良いでしょう。

 

視力が急に低下することは珍しくありません。
一時的な症状で終わる場合もありますが、長引くことも考えられます。
普段パソコンなどを使っている方はえんきんを試し、目に異常を感じたら眼科を受診しましょう。